SAHARA

株で儲ける方法

更新回数:1回 | 2015/08/22更新
編集者:Thumb img 0
 株で利益を上げる方法は2通りあり、その方法を解説します。

インカムゲイン

 インカムゲインとは、金融資産から得られる配当金や利子などの収益のこと言います。株では、1年に1度もしくは2度、株の配当金が出るのでその配当金での利益のことを指します。
 通常、株価の数パーセントの配当があります。
 例えば1株100万円の株があったとして、年一回の配当がありその額が1万円だったとします。その場合の配当利回り(1株あたりの配当金の割合)は1%となり、株価・配当金額が100年間同じならば、100年後の資産は株の資産100万円と配当金の合計100万円を合わせて200万円となります。
 しかし配当金の減少、株価の下落、さらにはその会社が倒産するなどのリスクがあります。

キャピタルゲイン

 市場で取引される株価は一定ではなく、常に流動的に動いています。なので例えば100万円で購入した株が200万円で売れると、100万円の利益になりその利益のことをキャピタルゲインと言います。
 通常、企業の業績が良くなれば株価は上昇し、悪くなれば下落します。しかし業績は変わらなくとも、様々な原因で市場に資金が流入すれば買う人が多くなり株価は上がります。以上より、なんらかの理由で株価が上がると予想し、株を購入することになります。
発言はまだありません。
発言するにはログインもしくは、会員登録をしてください。